2歳・3歳向けトイレトレーニングおすすめ絵本紹介【悩み別】

スポンサーリンク

お子さまのトイレトレーニング、どうやって進めたらよいか悩んでいませんか?

トイレに誘ったら行ってくれるけどトイレに行くと自分から言わない、昼のオムツはとれたけど夜はまだ、そもそもトイレを嫌がる・おまるに座りたがらない…etc悩みはつきませんよね。

そこで絵本の出番です!トイレトレーニングにまつわる様々な悩みは絵本で解決できますよ。

この記事では2歳・3歳向けのお悩み別に解決におすすめの絵本をご紹介いたします。

オムツ卒業時期には個人差がございますのでお子さまの様子をみながら焦らずゆっくり進めてみてくださいね。

2歳・3歳向けトイレトレーニングおすすめ絵本紹介【悩み別】

それでは2歳・3歳向けトイレトレーニングの悩み別におすすめの絵本を見ていきましょう。

2歳児への絵本選びのポイントはこちら

【悩み】トイレを嫌がる・おまるに座りたがらない

トイレを嫌がったり、おまるに座りたがらない原因はずばり、トイレが怖いからです。

トイレトレーニングを始めたばかりの子にとっていきなりトイレで用を足すというのはハードルが高いもの。

「今までオムツでおしっこしていたのに何故急にトイレでしなきゃいけないの?」と不安になる子もいるでしょう。

そこで解決策としてトイレに行くのが楽しいものだと思えるような絵本を読んであげましょう。

おまるちゃん

楽天ブックス
¥1,210 (2021/09/16 23:28時点 | 楽天市場調べ)

きたがわめぐみ・作絵 教育画劇

  1. 文章の長さ:2歳〜3歳に適している
  2. ページ数:29P(2歳〜3歳に適している)
  3. 読みやすさ5.0
  4. 子どもウケ5.0
  5. おすすめ度5.0
  6. 当サイトおすすめの対象年齢:2歳〜3歳

まーちゃんは主人公の男の子。オムツをしています。

おまるちゃんはまーちゃんに「まーちゃん おまるはいかが?」と言いますが、「いりませーん」と言われてしまってしょんぼり。

するとおしっこでいっぱいになったおむつちゃんが「おまるちゃん たすけて!」とやってきます。

「まるっとおまかせ!」とおまるちゃんが助けてくれます。おまるちゃんに応援されて、まーちゃんはトイレでおしっこができました!

筆者
筆者

うちの子は「まるっとおまかせ!」と言いながらトイレに向かっていました!

是非ご自宅のおまるをおまるちゃんに見立ててトイレを楽しんでできるように演出してあげてください。

おまるちゃんの「おしっこ がんばれっ まるまるまる」の掛け声を、実際にお子さまがトイレを頑張っている時に言ってあげましょう。

おまるちゃんに応援されている気分でトイレを頑張れますよ。

最初はおまるを「いりませーん」と言うまーちゃんだけど、トイレを頑張る姿にお子さまも共感し、“まーちゃんのように自分もトイレでおしっこしよう”という意欲が湧いてきます。

トイレトレーニングのファーストブックに是非おすすめしたい一冊です。

ノンタン おしっこしーしー

作・絵キヨノサチコ 偕成社

  1. 文章の長さ:1歳〜2歳に適している
  2. ページ数:24P(1歳〜2歳に適している)
  3. 読みやすさ5.0
  4. 子どもウケ5.0
  5. おすすめ度5.0
  6. 当サイトおすすめの対象年齢:2歳

ぶたさんは「おしっこ しーしー、おむつで しーしー。」

たぬきさんやノンタンは「おしっこ しーしー、おまるで しーしー。」

おむつからトイレへの移行が、「おしっこ しーしー」と子どもが好きな“繰り返しの言葉”で楽しく学べます。

おまるでおしっこしているノンタンの嬉しそうな顔も印象的です。

実際にお子さまがトイレをする時に、是非「おしっこ しーしー、おまるで しーしー。」と歌ってあげて楽しくトイレができるようにしてみてくださいね。

トイレに行くのが楽しいものだと思えるような絵本です。

【悩み】トイレに行くと自分から言わない

トイレが楽しいものだと思ってもらえたら、次のステップです!

トイレに誘えば行ってくれるけど、トイレに行くと自分から言わない…。トイトレあるあるですよね。

2〜3歳ごろになるとおしっこの間隔も開いてきておしっこが溜まっている感覚がだんだんとわかるようになってきます。

すると自然と自分からトイレに行くと言えるようになりますので、ここは焦らずお子さまのペースで進めましょう。

この段階で保護者の方がやるべきことはお子さまのやる気を引き出すことです。

お姉さん・お兄さんパンツに興味を持てたりとトイレに行くやる気がでる絵本を読んであげましょう

おんなのこトイレ おとこのこトイレ

楽天ブックス
¥1,045 (2021/09/17 12:45時点 | 楽天市場調べ)
楽天ブックス
¥1,045 (2021/09/17 12:46時点 | 楽天市場調べ)

監修/江東区南砂さくら保育園 絵/jinco ポプラ社

  1. 文章の長さ:2歳〜3歳に適している
  2. ページ数:20P(2歳〜3歳に適している)
  3. 読みやすさ5.0
  4. 子どもウケ5.0
  5. おすすめ度5.0
  6. 当サイトおすすめの対象年齢:2歳〜3歳

「トイレトレーニングはこれ1冊でOK!!」と謳っている通り、トイレをする際の動作が細かく詳しく描かれています。

おしっこをする時のポーズまで詳しく描かれていますよ。

そして和式トイレの使い方ガイドまで!

しかけページもあるのでお子さまが楽しみながら本当にこれ一冊でトイレのやり方がよく学べます。

各ページに書かれた保護者の方へ向けたトイトレのアドバイスも嬉しいポイントです。

子どもは“真似っこ”が大好き。お姉さん・お兄さんパンツを履いて、トイレを自分でできる主人公にお子さまも刺激され、やる気になりますよ。

ぷくちゃんのすてきなパンツ

¥968 (2021/09/18 15:59時点 | Amazon調べ)

作・絵:ひろかわさえこ アリス館

  1. 文章の長さ:2歳〜3歳に適している
  2. ページ数:28P(2歳〜3歳に適している)
  3. 読みやすさ5.0
  4. 子どもウケ5.0
  5. おすすめ度5.0
  6. 当サイトおすすめの対象年齢:2歳〜3歳

ぷくちゃんのお母さんがパンツを買ってきてくれました。ぷくちゃんはパンツが気に入りますが何回もおもらししてしまいます。

トイレトレーニング中におもらししてしまうと、プライドが傷つけられショックを受けたりやる気を失ってしまう子もいます。

ぷくちゃんも何度もおもらししてしまいますが、お母さんはその度に笑顔で「でも、だいじょうぶ。ほらね、おかわりぱんつ。」と替わりのパンツを持ってきてくれます。

この絵本はトイレトレーニング中の子どもの気持ちにピッタリ寄り添い、失敗しても大丈夫!と勇気づけてくれます。

失敗しても何度もチャレンジするぷくちゃんの姿にお子さまも刺激を受けやる気がでますよ

また、ぷくちゃんのお母さんの優しさに読み手もトイレトレーニングにおいて大切なことを思い出させてくれます。

筆者
筆者

絵本の最後にはお姉さん・お兄さんパンツがたくさん描いてあるので子どもと見ながら「どれを履きたい?」と盛り上がりました!

共感できる内容が盛りだくさんのこちらの絵本、とってもおすすめです!是非読んでみてください。

【悩み】おまるでうんちができない

おまるでおしっこはできるようになったけどうんちはまだできない。原因は、おまるに長く座ってふんばるのが怖かったり、おまるに座ると集中できなかったりすることです。

解決策としておまるでふんばって、うんちをするのは怖くないとわかる絵本を読んであげるといいですよ。

また、トイレでうんちをする方がオムツでするよりおしりが気持ちいいと言うことが分かるような絵本を読んであげることも効果的です。

トイレでうんちをしてみようという気にさせてくれますよ。

一回おまるでうんちをすることに成功してしまえば自信がついて後はすんなりおまるでしてくれるようになる子が多いです。

ひとりでうんちできるかな

作:きむらゆういち 偕成社

  1. 文章の長さ:2歳〜3歳に適している
  2. ページ数:29P(2歳〜3歳に適している)
  3. 読みやすさ5.0
  4. 子どもウケ5.0
  5. おすすめ度5.0
  6. 当サイトおすすめの対象年齢:2歳〜3歳

ことりのピイちゃん達が様々なうんちをします。ゆうちゃんもできるかな?

登場する動物達やゆうちゃんみんながトイレでうんちをしています。 

この絵本を読むことでお子さまもトイレでうんちをするという具体的なイメージが持てますよ。

お子さまへの声かけ例として「ピイちゃんやゆうちゃんもおまるでうんちしてたね!◯◯ちゃんもおまるでうんちしよう!」などと声をかけてあげて、おまるでうんちは怖くないということを教えてあげてください。

お尻を拭いて水を流す等トイレをする際の一連の流れも楽しい絵としかけでわかりやすく学べますよ。

おむつのなか、みせてみせて!

楽天ブックス
¥1,430 (2021/11/10 12:50時点 | 楽天市場調べ)

文・絵:ヒド・ファン・ヘネヒテン 訳:松永りえ 発行元 :PIE International

  1. 文章の長さ:2歳〜3歳に適している
  2. ページ数:28P(2歳〜3歳に適している)
  3. 読みやすさ5.0
  4. 子どもウケ5.0
  5. おすすめ度5.0
  6. 当サイトおすすめの対象年齢:2歳〜3歳

知りたがり屋のねずみくんがお友達のオムツの中がどうなっているのか知りたくてうさぎやヤギなどいろんなお友達のオムツの中を見せてもらいます。

お友達のオムツの中はみんなうんちだらけ。

最後にねずみくんも自分のオムツを見せてあげますがねずみくんのオムツは綺麗でみんなびっくり!

ねずみくんはうんちはトイレでしているのです。

こちらの作品はトイレでうんちをする方がオムツでするよりおしりが気持ちいいと言うことが自然と分かるような絵本です。

いろんな動物のおむつをめくるとそれぞれの動物の特徴が現れたたっぷりのうんちが描かれています。

ねずみくんはトイレでうんちをしているのでおしりがすっきりなんだか気持ちよさそうです。

子どもでも分かりやすいストーリーと楽しい絵でお子さまもトイレでうんちをしているねずみくんとまだオムツでうんちをしている他の動物との違いが分かると思います。

めくる仕掛けで楽しく読みながら自分もトイレでうんちをしてみようという気にさせてくれる絵本です。

【悩み】昼のオムツはとれたけど夜のオムツがとれない

昼のオムツがとれるようになったらあと少しです!

年齢が低い子ですと夜のおねしょはしかたがない部分もあると思います。

ある程度大きくなってくると夜間でもおしっこを溜められるようになりますので焦らずお子さまのペースで進めましょう。

以下にご紹介する絵本はおねしょをしていたうちの子が読んだあとピタリとおねしょをしなくなった魔法のような絵本です!是非参考にしてみてください。

ノンタン おねしょでしょん

作・絵:キヨノサチコ 偕成社

  • 文章の長さ:2歳〜3歳に適している
  • ページ数:32P(2歳〜3歳に適している)
  • 読みやすさ4.0
  • 子どもウケ5.0
  • おすすめ度5.0
  • 当サイトおすすめの対象年齢:2歳〜3歳

ノンタンや仲間たちがいろんな形のおねしょをしてしまいます。

「あ、おねしょまたしちゃった!」そんな子どもの気持ちに寄り添った絵本です。おねしょをしても大丈夫。おひさまが乾かしてくれます。

この絵本で“おねしょ”という概念がわかるようになるからなのか、読んだあとは不思議とおねしょをしたくないという意識が芽生えるようです。

筆者
筆者

うちの子はこの絵本を読んでから「おねしょでしょんしないよ!」と言って本当におねしょをしなくなりました。

夜中トイレに行きたくなると「トイレ!」と言って起きます笑

2歳・3歳向けトイレトレーニングおすすめ絵本まとめ

オムツ卒業まで道のりは長いです。でも大丈夫!どんな子もいつかはオムツ卒業します。

子どもというのは不思議なもので順調に進んでいると思ってもある日突然やる気がなくなったりするものです。

私も何度も挫折しそうになりましたがそんな時、絵本のおかげで子どものやる気を引き出せたので、途中休憩しながらもやり切ることができました!

筆者
筆者

うちの子は絵本のおかげで2歳5か月頃に昼も夜もオムツ卒業しました!

是非絵本の力を借りて、お子さまの様子を見ながら焦らずゆっくりと進めてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました