タッチペン付きの喋る図鑑おすすめ4選

忙しいお母さん、お父さん。お子さまがひとりでも夢中になって遊べる知育玩具があると助かりますよね。

タッチペン付きの喋る図鑑は子どもウケが抜群です。それはもう夢中になって見てくれます。

タッチペン付きの図鑑は、お子さまの好奇心を満たし、知識を増やし語彙力を高める効果があるのはもちろん、

タッチペンが文字を読み上げてくれますのでお子さまの発語を促したい方に特におすすめです。

筆者
筆者

我が家の下の子は、発語が上の子に比べて遅かったのですが、タッチペン付きの図鑑で遊ばせたところ、発音を真似するようになり、一気に言葉が出るようになりました!

しかし、タッチペン付きの喋る図鑑はお値段もそれなりにするもの。なるべく失敗はしたくないですよね。

この記事では、タッチペン付きの喋る図鑑のおすすめを4冊ご紹介します。

それぞれの図鑑の特徴や、タッチペン付き図鑑のデメリット、何歳から与えるのがおすすめかなどを詳しくご紹介しますので、購入の際に是非参考にしてみてください。

タッチペン付き図鑑はこんな人におすすめ
  • お子さまの発語を促したい方
  • お子さまの知識や語彙力を増やしたい方
  • お子さまひとりでも夢中になって遊べる知育玩具が欲しい方
スポンサーリンク

タッチペン付きの喋る図鑑おすすめ4選

はじめてずかん1000 小学館

楽天ブックス
¥4,928 (2022/03/06 16:39時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • ボリューム5.0
  • 網羅性5.0
  • 子どもウケ5.0
  • 総合おすすめ度5.0
  • 図鑑のボリュームとは…ページ数や掲載されているものの数などを総合的に判断した満足度のこと
  • 網羅性とは…有名なもの以外にもマイナーなものまで紹介されているか

タッチペン付きの喋る図鑑でどれを買おうか迷った時に、1番におすすめしたいのが「はじめてずかん1000」です。

SNSなどで口コミが広まり売り切れが続出し、一時期はフリマサイトなどで定価よりも高値で取り引きされていたほど大人気の商品です。

内容は、動物や食べ物、恐竜などメジャーなものはもちろん、お寿司や宇宙、国旗など様々なジャンルの言葉が1000語収録されていますので、ボリュームは満点です。

お子さまの興味を広げ、幅広い知識を身につけることができますよ。

英語の切り替えもできます。英語の歌も聞けるので楽しく英語に触れられます。

また、写真図鑑なので本格的です。絵ではなく本物を見せたい方におすすめの図鑑です。

そして、動物の鳴き声や楽器の音が聞けたり、クイズがあったり、スープを作って遊べるゲームページがあったりと、飽きずに長く楽しめる工夫がたくさん施されているので、子どもウケが抜群です。

紙が分厚く丈夫なので、たくさん遊んでも、お子さまが少々乱暴に扱っても破れにくいところも嬉しいポイントです。

筆者
筆者

プレゼントにも喜ばれますよ♪

はじめてずかん1000はこんな人におすすめ!
  • 写真図鑑がいい人
  • お子さまに幅広いジャンルの知識を身に付けさせたい方
  • クイズやゲームでも遊びたい人
  • 厚紙で丈夫な図鑑を探している人

アンパンマンことばずかんプレミアム セガトイズ

  • ボリューム5.0
  • 網羅性5.0
  • 子どもウケ5.0
  • 総合おすすめ度5.0

アンパンマンが好きな子におすすめなのがこちらのタッチペン付きの図鑑「アンパンマンことばずかんプレミアム」です。

おしゃべりの数がなんと2800語以上と他を圧倒しています。

二つの単語を組み合わせて文章を作る“二語文を作ろうモード”や、ついつい声を出したくなる発語遊びページなどがあり、機能が充実しているのも特徴です。

語彙を増やし、発語を促すのに最適なおしゃべり図鑑です。

英単語も800語以上あり、日本語だけでなく英語も覚えて欲しい方におすすめです。

絵をタッチするとアンパンマンのいろんな仲間たちの声で読み上げてくれるので、アンパンマン好きにはたまらない商品ですよ。

紙が薄くペラペラなのが少し気になる点ではありますが、

「2021年日本おもちゃ大賞エデュケーショナル・トイ部門大賞」受賞をはじめとして数々の賞を受賞している人気の図鑑です。

ところで「アンパンマンことばずかんプレミアム」は何歳まで使えるのでしょうか? 

3歳以降になるとすでに単語を知っていたり、二語文など少し簡単に感じる部分もでてきますので、個人的には4歳くらいまでかなと感じています。

また、こちらの商品は、対象年齢が3歳以上と表記がありますが、お子さまの語彙力を増やすためにも、もっと早くから与えていただいて大丈夫だと思います。

筆者
筆者

うちの子は1歳の時、少なくとも30分は集中してひとりで夢中になって遊んでくれていたので、大助かりでした!

この図鑑のお陰で発語が進みました。

値は張りますが購入して良かったです♪

アンパンマンことばずかんプレミアムはこんな人におすすめ!
  • アンパンマンが好きな子に
  • お子さまの発語を促したい方に
  • 英語も覚えて欲しい方に

新装版にほんご えいご おしゃべりことばのずかん

e-コネクト 楽天市場店
¥3,957 (2022/03/06 21:21時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • ボリューム4.0
  • 網羅性4.0
  • 子どもウケ5.0
  • 総合おすすめ度4.0

こちらは写真ではなくイラストの図鑑です。

英語の歌が聞けるページがあったりクイズがあったりと、上記でご紹介した「はじめてずかん1000 」と同じような機能が付いています。

大きく違うのは、こちらの図鑑は写真ではなくイラストだということです。

したがって、写真ではなくイラストの方が好きだというお子さまにおすすめの図鑑です。

にほんご えいご おしゃべりことばのずかんはこんな人におすすめ!
  • 写真ではなくイラストが好きなお子さまに
  • 歌やクイズも楽しみたい方に

4かこくご なまえずかん 新装版

楽天ブックス
¥3,278 (2022/03/06 21:32時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
  • ボリューム4.0
  • 網羅性4.0
  • 子どもウケ4.0
  • 総合おすすめ度4.0

こちらはなんと日本語、英語だけでなく中国語、韓国語も再生できちゃうタッチペン付きの喋る図鑑です。

筆者
筆者

中国語や韓国語も聞くことができるのはかなり珍しいですよ♪

収録語数は531語と、今までご紹介したタッチペン付きの喋る図鑑の中では比較的少ない方ですが、

動物の鳴き声や楽器の音なども聞くことができ、単語あてクイズも楽しめたりと基本的な機能は充実しています。

また、お値段が今までご紹介したタッチペン付きの図鑑の中では1番お手頃ですので、

タッチペン付きの喋る図鑑をお安く購入したい方におすすめです。

4かこくご なまえずかんはこんな人におすすめ!
  • 日本語や英語だけでなく中国語や韓国語も学んで欲しい方に
  • タッチペン付きの図鑑をお安く購入したい方に

タッチペン付き図鑑のデメリット

タッチペン付きの図鑑は、夢中になって遊んでくれるお子さまが多く、お子さまの好奇心を満たし、知識や語彙力を増やす効果や発語を促す等、様々なメリットがあります。

しかし中にはデメリットもございます。

タッチペン付き図鑑のデメリットは主に以下の2つです。

  • タッチペンが壊れる
  • ページを破かれる

タッチペン付きの図鑑はお値段もそれなりにしますので、「子どもが遊ぶものだからタッチペンが壊れたりページを破かれたりするのはある程度仕方がない」とそう簡単に割り切れるものではありませんよね。

しかし、実はこのようなデメリットを全て解決するタッチペンがあるのです!

それは、2・3歳向け知育教材“こどもちゃれんじぽけっと”のエデュトイ「音声タッチペンおしゃべりしまじろう」シリーズです。

タッチペンが壊れたりページが破れてもベネッセにお問い合わせをすれば使用期間や状況によっては無料で交換をしてもらえます。

特にタッチペンは年間を通して使用する教材ですから、無料で交換をしてもらえる可能性が高いです。(ベネッセに在庫があり、過去に教材の再送付履歴がない場合)

また、「音声タッチペンおしゃべりしまじろう」に収録されている総音声数はなんと5200種類!

ここでご紹介したどの図鑑よりも多い収録数です。

音声タッチペンおしゃべりしまじろうと一緒に使う【おしゃべりぶっく】では「野菜」「海の生き物」「病院でのやりとり」「レストラン・料理」など、毎月あるテーマに関連する言葉や知識を増やすことができます。

筆者
筆者

絵本のどの部分をタッチしても音が鳴るのがすごいです!

トイレトレーニングができるページもありますよ♪

是非「音声タッチペンおしゃべりしまじろう」シリーズをチェックしてみてくださいね。

\お申し込みはこちらからできます/

※掲載の内容は2022年度4月号時点の情報です。お申込みの際には、最新情報を公式ホームページから確認ください。

▼詳しくはこちら

タッチペン付き図鑑は何歳から?

タッチペン付き図鑑・おしゃべり図鑑は何歳から与えてあげるのが良いのでしょうか?

個人差はありますが、お子さまがひとりでタッチペンを握ってタッチしながら内容をある程度理解し、楽しく遊べるようになるのは、だいたい1歳半頃です。

あまりに早い月齢ですとタッチして遊ぶということが難しいですし、紙を破られてしまう可能性もあります。

逆に4歳頃など遅すぎても知っている内容が殆どになるのであまり学びは得られないでしょう。

特に英語を身に付けさせてあげたい場合、英語の耳ができるのは3歳頃までですので、

当サイトでは1歳半頃から与えてあげることをおすすめします。

タッチペン付きの喋る図鑑各メーカー比較【まとめ】

最後に、タッチペン付きの喋る図鑑各メーカーの比較をご紹介します。

収録語数英語の有無価格(税込)
はじめてずかん10001000語あり4,928円
アンパンマンことばずかんプレミアム2800語以上あり10,780円
おしゃべりことばのずかん633語あり4,378円
4かこくご なまえずかん531語×4カ国語あり3,278円
音声タッチペンおしゃべりしまじろうシリーズ総音声数5200種類あり月々2,780円(毎月払いの場合)
タッチペン付きの喋る図鑑各メーカー比較

タッチペン付きの喋る図鑑は子どもウケが抜群です。お子さまひとりでも夢中になって見てくれます。

筆者
筆者

忙しい夕方などに、少しでもひとりで遊んでいてくれると助かりますよね♪

また、お子さまの好奇心を満たし、知識や語彙力を増やす効果があるのはもちろん、

タッチペンが文字を読み上げてくれますのでお子さまの発語を促したい方に特におすすめです。

筆者
筆者

是非タッチペン付きの図鑑でお子さまの知識と言葉を増やしてあげましょう。

▼1歳・2歳向けの通常の図鑑をお探しの方はこちら

▼動物図鑑はこちら

タイトルとURLをコピーしました