「ももんちゃん」シリーズの絵本おすすめランキング5選【対象年齢など詳しくレビュー】

おむつ1枚の可愛らしいフォルム。桃のようにも人間の赤ちゃんのようにも見える、不思議な“スーパー赤ちゃん”ももんちゃん。

ひたむきで明るく元気いっぱいのももんちゃんは、親近感が湧くのか赤ちゃんや子どもに人気です。また、お子さまだけでなく、自分の子どもに重なると、お母さんお父さんにも支持されています。

そんな親子で共感できる『ももんちゃん あそぼう』シリーズ(とよた かずひこ さく・え 童心社)の絵本は、只今最新刊合わせて全部で23冊発売されております。

たくさん種類がありすぎてどれを読んだらいいか迷っちゃう!という方に、

この記事では、『ももんちゃん あそぼう』シリーズの絵本おすすめランキング5選をご紹介します。

『ももんちゃん あそぼう』シリーズは、絵本を通して親子のふれあいを楽しめる作品が多いのが特徴ですが、

この記事では、その中でもより親子でスキンシップをとりやすい絵本を厳選しました。

筆者
筆者

ランキング形式でご紹介しますので是非参考にしてみてください♪

『ももんちゃん あそぼう』シリーズはこんな人におすすめ!
  • 絵本を通して親子のふれあいを楽しみたい方に
  • 明るくて元気をもらえる絵本を読み聞かせたい方に
  • 動物が好きな子に
  • 優しいタッチの絵が好きな子に
スポンサーリンク

ももんちゃんシリーズの絵本何歳から?対象年齢

『ももんちゃん あそぼう』シリーズの絵本の当サイトおすすめの対象年齢は1歳〜2歳です。

赤ちゃんが好むリズミカルな繰り返しの言葉がたくさん登場しますので、0歳の赤ちゃんにも読み聞かせることはできますが、内容を理解し絵本を最も楽しめる年齢は1歳〜2歳頃です。

また、絵本によっては3歳の子も楽しんで見てくれますので成長に合わせて長く楽しめるのも魅力のひとつです。

▼0歳の子にはしかけ絵本や黒地の背景にカラフルな絵が描かれたコントラストのハッキリした絵本などがよりおすすめです。

1歳児への絵本の選び方のポイントはこちら

「ももんちゃん」シリーズの絵本おすすめランキング5選

『ももんちゃん あそぼう』シリーズの中でも、より親子でスキンシップをとりやすい筆者おすすめの絵本をランキング形式でご紹介します。

1位:どんどこももんちゃん

とよた かずひこ さく・え 童心社

  • 文章の長さ:1歳〜2歳向け
  • ページ数:24P(1歳〜2歳向け)
  • 読みやすさ5.0
  • 子どもウケ5.0
  • おすすめ度5.0
  • 当サイトおすすめの対象年齢:1歳〜2歳
どんどこももんちゃん あらすじ

「どんどこ どんどこ どんどこ どんどこ」ももんちゃんが急いでいます。

くまさんにとおせんぼされても、転んでも、めげずに「どんどこ どんどこ」急いでいます。どうしてそんなに急いでいるのでしょうか…?

『ももんちゃん あそぼう』シリーズを読むなら、まずはシリーズ第1作目「どんどこももんちゃん」がおすすめです。

ほとんどのページが「どんどこ どんどこ どんどこ どんどこ ももんちゃんがいそいでいます」という同じ台詞の繰り返しが書かれています。

内容が非常に分かりやすく、リズムよく読み聞かせができますので、1歳前後の小さなお子さまから楽しんで見ていただけますよ。

ももんちゃんが、急いで走り続ける理由が、最後のページで分かるのですが、その理由に思わず胸がいっぱいになります。

転んでもめげずに涙をこらえて走り続けるももんちゃんの姿に、勇気と元気をもらえますよ。

急いで走り続ける理由を知ると、何度でも読みたくなる素敵な絵本です。

筆者
筆者

うちの子は1歳の時、ひたすら走るももんちゃんにいつも釘付けでした!

2歳になると最後のシーンで必ず嬉しそうに笑顔になっていました♪

第7回日本絵本賞(2001年)も受賞しております。

筆者
筆者

お子さまを膝の上で抱っこして「どんどこ どんどこ」の台詞のところで体を揺らしながら読み聞かせてあげると喜びますよ♪

是非この作品を通して親子のふれあいを楽しんでみてくださいね。

2位:すりすりももんちゃん

とよた かずひこ さく・え 童心社

  • 文章の長さ:1歳〜2歳向け
  • ページ数:24P(1歳〜2歳向け)
  • 読みやすさ5.0
  • 子どもウケ5.0
  • おすすめ度5.0
  • 当サイトおすすめの対象年齢:1歳〜2歳
すりすりももんちゃん あらすじ

ももんちゃんがお砂場で遊んでいるとひよこさんがやって来て、ももんちゃんにすりすりしました。「ももんちゃん いーいにおい」

次々とお友達がやってきてももんちゃんにすりすり。いーいにおい。ところがさぼてんさんがやってきて…?

こちらは、ももんちゃんとお母さんのやりとりに、心がほっこり温かくなるお話です。

さぼてんさんにすりすりされ、痛かったももんちゃん、泣きたいのを我慢し歩きます。

そして安心するお母さんの腕の中で大泣き…。そんなももんちゃんの姿に、お子さまは自分を重ね共感することでしょう。

泣くのをこらえて必死でお母さんの元に走るももんちゃんがとても可愛く、また最後のももんちゃんとお母さんのやりとりに、お子さまだけでなく読み聞かせている方も気持ちがほっこり温かくなりますよ。

筆者
筆者

最後のシーンはうちの子はいつもホッとしたような顔で見ていました。

ひよこやきんぎょなどいろんな友達が、もももんちゃんに「すりすり」して匂いを嗅いでいる姿も微笑ましいです。

動物がたくさん出てくるので動物好きな子にもおすすめです。

筆者
筆者

赤ちゃんってすごくいい匂いがしますよね♪

私もついつい事あるごとに子どもの匂いを嗅いでしまいます(笑)

是非絵本を読んだ後はお子さまの匂いを嗅いだり、お子さまにも嗅いでもらったりして親子のスキンシップを楽しんでみてくださいね。

3位:こちょこちょももんちゃん

とよた かずひこ さく・え 童心社

  • 文章の長さ:1歳〜2歳向け
  • ページ数:24P(1歳〜2歳向け)
  • 読みやすさ5.0
  • 子どもウケ5.0
  • おすすめ度5.0
  • 当サイトおすすめの対象年齢:1歳〜2歳
こちょこちょももんちゃん あらすじ

ももんちゃんが「とっとこ とっとこ」歩いてきました。「こぐまさーん」と呼ぶももんちゃん。あれ?なにやら企んでいそうな顔をしています…。

ももんちゃんがこぐまさんやきんぎょさんをこちょこちょします。

みんな「いやだいやだ」と言いながらもすごく楽しそうにしているのが印象的です。

うちの子もみんながくすぐられているシーンはいつもニコニコしながら見ていました。

きんぎょさんの次は、さぼてんさんをこちょこちょ…しなくてすみました。

筆者
筆者

ももんちゃん、危なかったですね。

「すりすりももんちゃん」を読んだ方に特におすすめです♪

うちの子も「ももんちゃん、これは泣かなかったね」と嬉しそうに言っていました。

楽しそうなこちょこちょ遊びは見ている方も自然と笑顔になってしまいますよ。

ももんちゃんの表情の変化にも注目です。ももんちゃんの絵本はどれも優しいタッチの絵柄なので読んでいる方も癒されます。

こちょこちょ遊びって、1番簡単に赤ちゃんとのスキンシップがとりやすい遊びかもしれませんね。

絵本を読み終わった後はこちょこちょしてみたくなる、自然と親子のふれあいが生まれる絵本です。

4位:ももんちゃんどすこーい

とよた かずひこ さく・え 童心社

  • 文章の長さ:1歳〜2歳向け
  • ページ数:24P(1歳〜2歳向け)
  • 読みやすさ5.0
  • 子どもウケ4.0
  • おすすめ度4.0
  • 当サイトおすすめの対象年齢:1歳〜2歳
ももんちゃんどすこーい あらすじ

ももんちゃんが「どすこーい」とひとりで相撲遊びをしているとさぼてんさんときんぎょさんが遊びにやってきて…?

こちらは親子で身体を動かして遊べる絵本です。

『ももんちゃん あそぼう』シリーズの第2作目です。同シリーズでお馴染みのさぼてんさんときんぎょさんは、この絵本で初登場したんですよ。

「どすこーい」の台詞が子どもウケするようで、うちの子もハマっていました。

力強く元気いっぱいのももんちゃんのお相撲は、親子で元気をもらえますよ。

絵本を読んだ後は思わず相撲遊びがやってみたくなりますよ。

筆者
筆者

うちの子はこの絵本で相撲を覚えました♪

絵本を読んだ後はよく「どすこーい」と真似をして遊んでいました。

是非親子で一緒に身体を動かして相撲遊びをしてみてくださいね。

5位:どろんこももんちゃん

とよた かずひこ さく・え 童心社

  • 文章の長さ:1歳〜2歳向け
  • ページ数:24P(1歳〜2歳向け)
  • 読みやすさ5.0
  • 子どもウケ4.0
  • おすすめ度4.0
  • 当サイトおすすめの対象年齢:1歳〜2歳
どろんこももんちゃん あらすじ

雨が止みました。「ももんちゃん遊ぼう」ときんぎょさんとさぼてんさんとおばけさんがやって来てみんなでどろんこ遊びをすることに。何ができるかな?

子どもはどろんこ遊びが大好きです。いつまででも夢中になって遊んでいますよね。

この絵本には、そんなどろんこ遊びの楽しさがギュッと詰まっていますので、お子さまも夢中になって読み聞かせを聞いてくれることでしょう。

「どろんこ こね こね こね こね どろんこ」とリズミカルな台詞とともに、もんちゃん達がひたすら“何か”を作っています。

何ができるのかワクワクしながら読み進めることができますよ。

ページをめくるたびに、ももんちゃん達がどろ遊びでだんだんと汚れていく様子に、1歳の子だけでなく3歳の子も楽しんで読み聞かせを聞いていました。

絵本を読んだ後は是非、公園でどろんこ遊びをしてみてくださいね。

絵本の内容を実際に自分でも体験することで、より物語の理解が深まり絵本が好きになりますよ。

筆者
筆者

うちの子もどろんこ遊びが大好き!毎日公園でどろだらけになっています。家中砂だらけになるし洗濯など親は大変ですが、子どもは楽しいんですよね(笑)

背表紙にはそんなお母さんお父さんを癒すほっこりする絵も描かれていますので是非注目してみてください♪

▼2022年4月6日に発売された最新刊もおすすめです!

▼『ももんちゃん あそぼう』シリーズは他にもたくさん種類がございます。

童心社公式ホームページ「あなたにぴったりのももんちゃんはどれかな?」では質問に答えていくと、あなたにピッタリの『ももんちゃん あそぼう』シリーズの絵本が分かりますよ。ゲーム感覚で是非試してみてくださいね。

ももんちゃん3冊セットはプレゼントにおすすめ

『ももんちゃん あそぼう』シリーズでは、さぼてんさんやきんぎょさんなど、お馴染みのキャラクターがよく出てきます。

1歳〜2歳くらいの子どもは次々と新しい絵本を読むより、同じシリーズの絵本を揃えてあげたほうが、同じキャラクターが出てきて親しみやすいのでおすすめです。

『はじめましてのももんちゃん3冊セット』では、この記事でもご紹介した「どんどこももんちゃん」「すりすりももんちゃん」「こちょこちょももんちゃん」の人気の3冊がセットになっているのでプレゼントにおすすめです。

筆者
筆者

親子で楽しめるももんちゃんの絵本は、出産祝いやお誕生日のプレゼントに喜ばれますよ♪

▼刺繍のアップリケがとっても可愛いハンドタオルと絵本のセットもおすすめです

画像をクリックすると商品ページに飛んで詳しい情報がみれます

▼他にも様々な組み合わせの絵本とハンドタオルのセットがございますので、気になった方は是非チェックしてみてくださいね。

「ももんちゃん」シリーズで親子のふれあいを楽しもう

『ももんちゃん あそぼう』シリーズはこんな人におすすめ!
  • 絵本を通して親子のふれあいを楽しみたい方に
  • 明るくて元気をもらえる絵本を読み聞かせたい方に
  • 動物が好きな子に
  • 優しいタッチの絵が好きな子に

『ももんちゃん あそぼう』シリーズは、絵本を通して親子のふれあいを楽しめる作品が多いのが特徴ですが、この記事では、その中でもより親子でスキンシップをとりやすい絵本を厳選してご紹介しました。

ひたむきで明るく元気いっぱいのももんちゃんは、親近感が湧くのか赤ちゃんや子どもに人気です。また、お子さまだけでなく、自分の子どもに重なると、お母さんお父さんにも支持されています。

筆者
筆者

是非ももんちゃんの絵本を通して親子のふれあい遊びを楽しんでみてくださいね♪

2022年「ももんちゃんまつり」フェア開催中!

「ももんちゃんまつり」フェアのオビに付いている応募券を、1枚1口として、官製ハガキに貼ってご応募すると、抽選で300名様に『ももんちゃんゆびにんぎょう』がプレゼントされます!応募締切:2022年8月1日消印有効

詳しくはこちら

▼ももんちゃんシリーズの作者とよた かずひこさんの作品はこちらもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました