【レビュー】絵本「おいもさんがね・・」対象年齢やあらすじは?

今まで読んだ絵本をレビューします。

今回は「おいもさんがね・・」(とよたかずひこ さく・え 童心社) です。

季節の概念がまだ分からない1歳の子でも楽しく秋を感じられる絵本です。

また、お芋へ興味を持ってもらえ、食育にもピッタリの絵本です。

この記事でご紹介する絵本はこんな人におすすめ!
  • 1歳の子でも秋を感じられる絵本を読んであげたい方
  • お芋に興味を持って欲しい方
  • 食育に興味のある方
スポンサーリンク

絵本「おいもさんがね・・」対象年齢

この作品の当サイトおすすめの対象年齢は1歳〜2歳です。

1歳児への絵本選びのポイントはこちら

【レビュー】絵本「おいもさんがね・・」あらすじ・読み聞かせの感想

楽天ブックス
¥935 (2021/10/20 13:03時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

とよたかずひこ さく・え 童心社

  • 文章の長さ:1歳〜2歳に適している
  • ページ数:24P(1歳〜2歳に適している)
  • 読みやすさ5.0
  • 子どもウケ4.0
  • おすすめ度4.0

絵本「おいもさんがね・・」あらすじ

おいもさんが土の中から「よいしょ よいしょ よいしょ」「おきろよ おきろ」と蔓をひっぱり次々と出てきます。

「すっぽーん!」と抜けたらごろごろ坂を転がり水の中におちてしまいます。

寒くて「ぶるぶる ぶるぶる」震えていると「しんぱい ごむよう!」と火が助けてみんな美味しそうなやきいもに。

絵本「おいもさんがね・・」読み聞かせの感想

こちらは秋にピッタリの絵本です。

季節の概念がまだ分からない1歳の子でも楽しく秋を感じられますよ

1歳の子が大好きな響きがよくリズムミカルな“同じ言葉の繰り返し”がたくさん出てきますので、楽しく読みながらお芋への興味を育てることができます

食べ物に興味を持ってもらうのにピッタリな食育えほん

この絵本を読んだ後はきっとお芋をおいしく食べられますよ。

季節の概念がまだ分からなくても1歳の子でも分かりやすい、お芋がテーマの秋ならではのお話を読んで、是非お子さまとお芋を食べて一緒に秋を感じてみてくださいね。

関連作品

「おいもさんがね・・」は好き嫌いがある子におすすめの食育絵本「おいしいともだち」シリーズの中の一冊です。

「おいしいともだち」シリーズは他にも種類がたくさんあります。

どの絵本も身近な食べ物が動き出す楽しい絵本食育にピッタリです。

こちらの記事で同シリーズの中でも特におすすめの絵本を年齢別にご紹介しております。

好き嫌いがある子も食べ物に興味を持ちきっと食べたくなる、ご飯の時間が楽しくなるシリーズですので是非参考にしてみてくださいね。

2〜3歳になって季節の概念が分かる様になったら是非季節の絵本を読んであげましょう。秋がテーマの絵本はこちらの記事でご紹介しております。

絵本「おいもさんがね・・」レビューまとめ

この記事で紹介した絵本はこんな人におすすめ!
  • 1歳の子でも秋を感じられる絵本を読んであげたい方
  • お芋に興味を持って欲しい方
  • 食育に興味のある方

季節の概念がまだ分からない1歳の子でも楽しく秋を感じられ、お芋への興味も持たせてくれる絵本、是非読みきかせてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました